post

Vim ja:奥付

Contents

この本について

これは、書籍のアルファ版です。従って、未完成のセクションや、明らかな間違いや、ひどい説明不足などがあるかもしれません。役に立つ提案をお送りください

本を書くにあたって

この本は Vim 7 が無ければ決して書かれなかったことでしょう。私の生活は Vim 無しには成り立ちません。Bram Moolenaar と世界中の Vimmer に感謝します。

私は Vim を愛しています

内容はもともと、Viki の文法で書いた上で、deplate コマンドで変換していました。Viki/Deplate の使い方についての私の質問に辛抱強く答えてくださった、Thomas Link に感謝します。

後に、wiki 形式に変換しました。今は本をオンラインで編集できるようになっていますが、私は今でも Vim で書いてから、MediaWiki にコピー/ペーストして保存しています。

精神的影響

私は、2004年ごろにこの本を書き始めました。書き上げるのはいったん後回しにしていたのですが、foss.in/2006 で出会った人達の精神に影響され、その翌日から再び書き始めました。

その勢いは、またも維持できませんでした。私がもっと生産的になったのは、David Allen の「物事を完成させるための原則」に従い始めてからです。これにより、本の執筆を再開して形にし、foss.in/2008 の初日にリリースすることができました。

著者について

Swaroop Gravatar.png

Swaroop C H は 26 歳で、PESIT, Bangalore, India の B.E. (コンピュータ・サイエンス)を卒業しています。現在は共同設立した会社 IONLAB で働いています。その前には、Yahoo! や Adobe で働いていたこともあります。趣味は読書、執筆、ランニング、自転車、そしてコーディングです。

さらに詳しい情報は、http://www.swaroopch.com/about/ へどうぞ。

ご連絡は http://www.swaroopch.com/contact/ からお願いします。